背中にきびには殺菌・消毒背中にきびのピーリング

背中にきびの原因

ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まる。
胸や背中は洋服を着ているので周りに比べて温度・湿度が高くなり、アクネ菌や雑菌が増殖しやすい環境で、古い角質が毛穴をふさぎやすく、ニキビにつながりやすいのです。
アクネ菌を減らすには、正しい洗浄方法をするのが必要ですが、洗いすぎも皮膚をいためることにもなりかねませんので気をつけましょう。消毒・殺菌剤の入った石鹸の泡でやさしく洗いましょう。美容外科では、アクネ菌を殺菌する光化学治療(PDT)という方法も効果的があります。

洗髪時、洗い流す時にシャンプーが背中を流れている。また、コンデショナーや、トリートメントを髪になじませている間、髪が背中に触れているというのが原因にもなります。 
石油系の界面活性剤が含まれているシャンプーやコンディショナーなどが背中にきびの原因になっていることもあります。

アンドロゲンという男性ホルモンの影響で毛穴からでる皮脂の分泌が盛んになり、この皮脂を栄養源とするアクネ菌が増殖します。
肌はとても敏感なので、日々のなにげない事が、いろんなトラブルを生んでしまいます。

背中にきびの治療と原因≪背中ニキビ跡のケアと対策≫ トップページ


背中ニキビは、皮脂が多く分泌される部位にできやすいです。
お顔にはTゾーンと呼ばれる皮脂の分泌が多い部分があリますが、胸や背中もVゾーンといってニキビができやすい部位です。

背中ニキビ出来る主な原因は、背中の毛穴にシャンプーや石鹸などの化学物質が詰まることです。背中自体が皮脂の分泌量が多い上にシャンプーや石鹸の泡が肌に残留しやすいので、毛穴に脂汚れや化学物質などの異物が詰まると雑菌などが繁殖して背中ニキビができます。
詰まった毛穴の中に皮脂や角質がたまり、毛穴が開いて中味が見えている状態が黒ニキビ、毛穴が閉じている状態が白ニキビと呼ばれています。
リパーゼというにきび菌の酵素が皮脂の成分を遊離脂肪酸に変えて白血球を誘導し炎症をおこします。
アクネ菌は皮膚に一番多く存在する菌です。角質化した皮脂を栄養にして増殖しにきびの原因になります。
アクネ菌は、毛穴の中で脂肪酸を作り紫外線や酸素などで酸化します。
黒ずんでくる。皮脂が角栓をつくり目詰まりを解消できないため、毛穴の角質層が除去できずに、化膿して皮膚がもりあがって赤くなったものが赤ニキビ。

ニキビのできるメカニズムは完全には解明されていません。

背中にきびの治療と原因≪背中ニキビ跡のケアと対策≫ トップページ


ニキビは、皮脂が多く分泌される部位にできやすいです。
背中にきびで悩んでいる方に多いのが、髪の毛の長さが、肩甲骨くらいか、それ以上の長さのロングヘアなのです。背中にきびをよく見てみると、髪の長さのところまでニキビがあ事に気がつくかもしれません。
石油系の界面活性剤が含まれているシャンプーやコンディショナーなどが背中にきびの原因になっていることもあります。

詰まった毛穴の中に皮脂や角質がたまり、毛穴が開いて中味が見えている状態が黒ニキビ、毛穴が閉じている状態が白ニキビと呼ばれています。
黒ニキビ、白ニキビの状態から赤いニキビを作り出すのは、皮膚の常在菌であるP.acnesと呼ばれる細菌です。この細菌は皮脂を好むため、詰まった毛穴の中で増殖し、皮膚の中の炎症を引き起こすタンパク質を刺激します。このために、炎症が起き赤くなったり、膿がたまって黄色い部分ができるという症状が出てきます。また、さらに進行すると、毛穴が破れて中味が流れ出し炎症が広がることもあります。

皮膚の深い部分を傷つけてしまうような背中にきびになってしまった場合、炎症が治っても痕(瘢痕・あばた)が残る場合が多い。

ニキビはストレスなどが原因で起こることもあるので、アロマテラピーなどでストレスを軽減するのもお勧めです。

背中にきびの治療と原因≪背中ニキビ跡のケアと対策≫ トップページ
ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まる。
背中は鼻や額と同じく皮脂腺が多い場所なので、にきびができやすい部分になっています。
背中にきびの原因は過剰な皮脂分泌とシャンプー、リンス等の洗い残しの付着による毛穴の詰まりです。背中を清潔に保つことにより、過剰な皮脂分泌を抑え、入浴時の洗浄の仕方を変えることで改善することができます。
皮膚の細胞が死んだ細胞になる時(角質化)に角質が毛穴を詰まらせて、毛穴内に皮脂が溜まります。

黒にきび、白にきびが進行すると赤にきびになり、さらに進行すると、膿を出すこともある。つぶしてしまうと跡(瘢痕・あばた)が残ることがあるので、なるべく刺激を与えないでおくのが一番よい。

特に露出度の高くなる夏は紫外線等の外的刺激から肌(皮膚)を守ることが重要です。紫外線による日焼けで皮膚は角質化がすすみ、背中にきびができやすい環境へと変化します。紫外線は色素沈着の原因となり、将来的にはシミに悩まされる事にもなりますので、若い時から紫外線対策を行う事は非常に重要です。

背中にきびの治療と原因≪背中ニキビ跡のケアと対策≫ トップページ